previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

製品解説

TKK3850形は、1952年~1953年の間に17両が制御付随車として製造され、電動車の3450形と組み合わせて使用されました。
その後、1973年頃より更新工事が開始され、3450形同様窓寸法の拡大やアルミサッシ化のほか、張り上げ屋根化・ライトケース新設といった工事メニューが加わりました。特に前頭部の張り上げ屋根姿は斬新で、”海坊主”と呼ばれ親しまれました。

nano factoryでは、多数派の横浜製作所製クハ3855~3866より更新工事を受けた晩年の姿を選定し、3Dプリントにて皆様にご提供いたします。
横浜製作所製特有のYS-T1台車や前面貫通扉上のヘッダーが無い姿も作り分けています。

未塗装板状キットですので、TKKクハ3850形としてはもちろんのこと、細部加工で他の車番に改造したり、切り継ぎ等の加工で往年の各社旧型車を再現したりしてお遊びいただけます。

商品仕様

商品名:TKK 3850形 更新車(横浜製作所タイプ)
    Nゲージボディ未塗装組立キット【トレーラー車】
数量:1両分(パーツ内訳は下記取扱説明書リンク参照)
スケール:1/150 
別途必要品:完成には下記の社外品が必要です
      Φ5.6絶縁車輪:4
      窓ガラス用透明板:前面2・側面2
      車体表記インレタ:1
      (トレジャータウンTTL803-11東急3000系標記 推奨)
      カプラー(アーノルド又はTNカプラー推奨)
適合路線:TKK各線
その他:取付時にはめ込みがゆるい場合は、
    ゴム系接着剤を併用して補強してください。
    パーツ類は細くできているため、
    折らないよう取り扱いには十分ご注意ください。

模型化に伴い一部実車と異なる部分があります。
3Dプリント品の特性をご理解いただき自己責任にて製作願います。

取扱説明書リンク:http://nanofactory-models.com/Instructions/tkk3850.pdf

※DMMクリエイターズマーケット弊社出店ページへリンクします